遺品整理をする場合に、処分をすることになりますけれども、買取ってもらえる遺品もあれば、残念ながら遺品を処分せざるを得なくなる場合もあるでしょう。今回は、遺品を整理する場合に、業者に処分を依頼した場合にどのくらいの費用がかかるのか考えていきましょう。

遺品整理にかかる費用

まず、費用についてですが、通常遺品を整理する場合に、故人の部屋の広さを目安に費用が算出される傾向があります。つまり、故人の部屋の間取りや広さに応じて、遺品の量が比例しますので、広ければ広いほど費用がかかるというものです。これは引越し業者の発送と同じです。つまり、部屋の広さによって使うトラックの数やそれに伴う作業員の数が増減するということです。具体的にはどのくらいになるのかと言うと、

ワンルーム:2トントラック1台→50,000〜80,000円
1DKや1LDK:2トントラック2〜3台→90,000〜150,000円
2LDK:150,000円〜
3LDK:200,000円〜
4LDK:250,000円〜

と言う価格が一般的です。ただ、引取業者によっては、間取りではなく部屋の広さから見積を出すということもありますが、基本的には部屋の間取りや広さによって、見積が算出されるということになります。

一方で、故人の部屋にあるものをすべて引き取ってくれということではなくて、個別の遺品に対して、引取料を決めている場合もあります。特に処分をする遺品がそれほど多くない場合には、部屋の広さで見積を出してもらうと、割高になりますので、個別で引き取ってもらったほうが経済的ということがいえます。

遺品整理で注意しなければいけないこと

なお、遺品を整理する場合に注意をしておかないといけないのは、遺品の整理に対応をしてくれる業者選びです。遺品の整理というのは、やはり色々と考えて整理をするということになります。何と言っても故人が大切にしていたであろう品々をのこされた人たちが処分をするということを考えると、やはり心が痛むものです。ですから、その遺品を整理するにしても、ビジネスライクに対応する業者でも良いのですが、場合によっては遺族の心を傷つけるケースもなきにしもあらずですから、まずはそういう点を配慮してくれる業者を探すようにしましょう。それと、遺品整理というビジネスは、とても新しいものですので、業者によっては悪徳な業者もいます。したがって出来れば数社ほど声をかけて、業者をチェックしたり、インターネット上で口コミをチェックして、自分にふさわしい業者を選ぶようにしましょう。